東浦ぶどう「洸太郎の雫」2018

2018年 2年目の挑戦

第2弾 花の成長を止める!?〜花切り〜

ブドウの成長はとても早いです。ぶどうの目覚めから1か月ほどで葉が茂ってきました。
蕾も出てきてもう間もなく花が咲きます。そしてこのタイミングで非常に重要な作業が「花切り」です。
この「花切り」は栄養がしっかりとそれぞれの実にいきわたる様に、多すぎる蕾を切り落とす作業のことです。
蕾のうちに「花きり」を終わらせることがポイントで花が咲いてしまってはもう遅いのだそう。
毎日朝から晩まで作業しても終わらない作業。
でも、この作業を乗り越えて初めて美味しい種ありブドウができるのです。
まもなく花が咲きます。それまでに「花切り」作業は終わるのでしょうか?
農業とは奥が深いですね!ブドウと共に2年目の彼の成長も楽しみです。

第1弾 ぶどうが目覚めた!〜水揚げ〜

1年前、まだ20歳だった男の子が一人で始めたぶどう園。
試行錯誤しながらたくさんの課題が見つかった1年目でした。
そしていよいよ2年目の挑戦が始まります!

“昨年の失敗を繰り返さないよう、かっこいい自分を追いかけながら
        10年後も農業が続けられるように頑張る!”

そう目を輝かせながら語る彼を今年も追いかけます!
第1弾は「ぶどうの目覚め 〜水揚げ〜」。
水揚げとは木の切り口から水が出てきます!これはぶどうが冬眠から覚めた合図なのだそう。
これから2〜3週間もすれば芽が出て一気に成長するぶどう達!
今から収穫が楽しみですね!

 

 

 

昨年の様子はこちら → http://findflag.com/koutarounoshizuku/